夏の疲れを癒しながら冬に向けての備えをしなければならない、体にとって大事な季節“秋”がやって参りました。

この時期を快適に過ごすためのちょこっと豆知識です。

この時期の体は夏にかいた汗で、体が乾いた状態にあります。

そしてこの影響を最も受けやすいのが肺です。ですからこの時期、特に注意が必要なのは呼吸器系の病気です。

その他にも皮膚病なども注意してください。

体の潤いを補うお勧め食材

では、それらを予防するために必要なものは潤いです。体の潤いを補うお勧め食材と言えば、この季節の旬の食材!

  • キノコ
  • 銀杏
  • きくらげ
  • レンコン
  • ぶどう

旬の食材で潤いをアップ

食欲の秋と言われるように、この時期は冬場に免疫機能を向上させ、風邪などをひきにくくするために食事をしっかりと摂りましょう。ところが夏に冷たいものをたくさん摂った内臓は冷えてしまって、消化管の動きが悪くなっています。

そうすると、食欲が落ちてしまったり、食べたものをしっかり消化吸収できなかったりと、冬に向けて免疫を強化することが出来ません。

内臓元気で体調を整える

そんな時の強い味方が、生姜やネギ、コショウやトウガラシなどです。内臓元気で体調はずいぶん変わりますよ。

そして、実は感情って臓腑と関係があるんです。この時期に注意が必用な感情は“憂”と“悲”です。
秋はよく憂鬱な季節を連想されますが、憂い過ぎたり、悲しみ過ぎたりすると肺が傷つけられ、体調を悪くしてしまいます。

思い悩むのはほどほどにして、季節のものを美味しく頂き、適度に体を動かし来る冬を元気に乗り切るために栄養をしっかりつけて、元気に過ごして下さい。